メニュー 閉じる

They fucked up the list.

 今日のスラング表現も映画『交渉人』の冒頭部分からです。このシーンは、俗語表現のオンパレードですね。

 ドア越しに立てこもり犯との交渉にあたっているサミュエル・L.ジャクソン、犯人が興味をひきそうな事柄のリストを見ながら交渉しています。ところがそのリストが適当なものだったようです。そんな状況で出てきたフレーズが、

They fucked up the list.
(ぜい・ふぁっくたっぷ・ざ・りすと)

(発音↑)

 映画では主語は人の名前でしたが、ここではTheyとしておきます。

その意味は?

 fuck up は、「台無しにする」とか、「だめにしてしまう」という意味で、このほかのスラング表現としては、mess upとかscrew upも同じです。

 ニュアンスとしては、もう使い物にならないくらいぐちゃぐちゃにする感じです。

 screwは、俗語でfuckと同じ意味もありますので、われわれ日本人は、スラングではなく普通に “mess up”を使っておく程度にしておくのが良いのかも知れませんね。

 というワケで、今日のお題の意味は、

「めちゃくちゃなリスト作りあがって」

ぐらいな感じでしょうか。

会話例:

Who messed up my workbench!
(誰だ、オレの作業台をぐちゃぐちゃにしたのは!)

Not me.
(オレじゃないよ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です