メニュー 閉じる

Omar is tight.

 今日のスラング英語も、映画『交渉人』から紹介します。

Omar is tight.
(おまー・いず・たいと)

(発音↑)

 場面は、立てこもり犯のオマーをなんとか落ち着かせようとしていた交渉人に対して、狙撃班の突入指令が出てしまったところです。これに対して、交渉人がオマーの状態を説明して食い下がろうとします。

 その時のセリフが今日のお題です。

 ”tight” はもともと「隙間がない」という意味の単語です。人間関係では、”tight” といえば「ツーカーの仲」です。

 ”tight” はまたスラングで、「酔っ払っている」とか「薬物の影響を受けている」という意味があるようです。お恥ずかしながら、調べてみるまで、僕も知らなかったです。

 なので、お題の意味としては、

「オマーは、酔っているんだ」

ということになります。酔っているだけだから、時間をかければ解決できると反論しているわけですね。

 そうそう、tightを使った俗語で、”tightass”というのがあります。こちらは、機転が利かないガチガチ石頭のことをいいますので、覚えておきましょう。きっと耳にすることがあると思いますよ。

会話例:

I bet you don’t remember what happend last night. (昨夜何が起きたか、当然覚えてないよな)

Nope. All I know is I was tight.(あぁ、酔ったということだけは知っているよ)

コメント Welcome です♫

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。